MENU

HSPが結婚しない方がいい理由5選【深く考えずに踏み切ると痛い目に遭います】

こんにちは、HSPブロガーのまさちゃんです。今回は「HSPが結婚しない方がいい理由」というテーマで記事を書いていきます。この記事に辿り着いたHSPのあなたは、結婚に対してネガティブな感情を抱いているのではないでしょうか。

  • 果たして自分は結婚してうまくやれるのか
  • 誰かと一緒に生活することなんてできるのだろうか
  • 子育てを楽しめるのだろうか

結婚をすると、生活が一変します。その後に訪れる生活に自分が本当に幸せを感じられるのか、不安ですよね。結婚をして幸せそうな人たちもいる一方で、結婚は墓場だという人たちもいる…自分は果たして前者になれるのだろうか…考えすぎて夜も眠れない日々を過ごしている方もいらっしゃるかと思います。

そういった方のために、この記事では、HSPが結婚しない方がいい理由を5つ紹介していきます。この理由で結婚を考えているのであれば、それは少し危険ですよ、という話です。

僕は現在アラフォーなので、周りに結婚している人たちは多いです。そして残念なことに、離婚してしまった人たちも多くいます。彼らの話も踏まえつつ、HSPである僕の気持ちも盛り込んでこの記事を書いていますので、結婚に悩むHSPの方はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いている人

物心ついた頃からずっと、なんとなく生きづらさを感じていました。HSPという言葉を知って、「ああこれは特殊能力なんだな」と感じて、少し気が楽になりました。

その後HSPについて色々と調べ、実践しているうちに、自分なりの生きやすい人生を手に入れました。過去の僕と同じ状況で苦しんでいる方に、少しでも生きやすい人生を考える機会となれれば幸いです。

目次

HSPが結婚を後悔する理由

本題に入る前に、HSPが結婚を後悔する理由を解説していきます。HSPの気質的に、以下の3つの理由で結婚を後悔する可能性が高いです。

一人の時間が減るのがつらい

HSPは誰かといると相手に気を遣ってしまい、消耗しやすいという特性があります。なので一人の時間が絶対に必要です。

ですが結婚をすると、相手と共同生活をしなければなりません。こうなると一人の時間を思うように確保できなくなってしまう可能性が高いですね。家に帰ってきて、ずっと自分の部屋に引きこもっているわけにもいかないので…

気持ちが盛り上がっている最初のうちはいいのですが、慣れてくると一人の時間が減っていることに苦痛を感じてしまう可能性が高いです。

子育てがつらい

HSPは子育てにも苦痛を感じてしまう可能性があります。一人の時間が確実に減るので。

子供ができたら何でも子供優先になるという話はよく聞きますよね。毎日仕事をして、家に帰ったら子供中心の生活をして、という生活になります。休みの日も、子供のことを第一に考えて予定を決めることになるでしょう。例えば僕はサウナやバーが好きなのですが、どちらも子供と行くのは難しいので、きっとこれはストレスに感じるんだろうなあと思っています。HSPは一人の趣味を持っている人が多いですよね。自分の時間が取れないことに、苦痛を感じてしまうかもしれません。

人間関係が増えるのがつらい

人間関係が増えるのもつらいところ。

  • 相手の家族との人間関係
  • 相手の友人との人間関係
  • 子供関係の人間関係
  • 地域の人たちとの人間関係

などなど、結婚をすることで、これだけの人間関係が増えることになります。慣れない人間関係にストレスを感じやすいHSPにとっては、苦痛となります。関わる人たちの中には、HSPに合わないタイプの人もいるでしょうしね。結婚をする以上、人間関係が増えることによるストレスは避けられないと言えるでしょう。

HSPが結婚しない方がいい理由5選

さて、いよいよここから本題に入っていきます。HSPが結婚しない方がいい理由5選を紹介していきます。この5つの理由で結婚すると失敗しやすいので、ご注意ください。

周りが結婚を勧めてくるから

HSPが結婚しない方がいい理由、1つ目は「周りが結婚を勧めてくるから」です。

ある程度の年齢になると、結婚を勧めてくる人たちと必ず出会います。

  • 結婚はいいぞ
  • 子供がいると楽しいぞ
  • もうその相手と結婚するしかないだろ

周りに流されやすいHSPは、こういった話を聞いているうちに「そういうもんなのか」と結婚に気持ちが傾きやすいです。周りの意見に動かされて、自分の人生や相手のことを深く考えずに結婚してしまうと、失敗しやすいです。悪い人じゃないから、この人と結婚すればいいかな…くらいの気持ちで結婚しても、うまくいくはずがありません。誰かと一緒に暮らすということは、そんなに簡単なことではありません。一人の時間が好きなHSPにとっては特にそうでしょう。

自分と相手のことをよく考えずに結婚してしまうと、後になってこんなはずじゃなかった…という後悔の念に襲われて離婚につながる可能性が高いです。

親を安心させたいから

HSPが結婚しない方がいい理由、2つ目は「親を安心させたいから」です。

親を安心させたいとの気持ちから結婚を考える人もいるでしょう。

  • まだ結婚しないのか
  • 早く孫の顔が見たい

などと親から言われて、親を安心させるには「結婚だ」と思ってしまっている人はいないでしょうか。友人の結婚式に行って新郎新婦の親が感動して泣いている姿を見て、「自分も結婚して親に喜んでもらいたい」と思ってしまっていないでしょうか。

親の世代だと、結婚するのが当たり前でした。例えば僕の親世代だと、生涯未婚率は5%未満でした。生涯未婚率というのは、50歳になった時点で一度も結婚したことがない人の割合です。今でこそ生涯未婚率は男性で25%前後、女性で20%弱と高まってきていますが、以前は結婚することが当たり前だったんです。そんな親世代としては、わが子が結婚して欲しいと思ってしまうのは無理もないでしょう。

HSPは心優しいので、親のそういった気持ちを敏感に察知してしまいます。結婚で親を安心させたい、喜ばせたい、親孝行したいという気持ちになってしまう可能性は大いにありますね。

ですがそういった理由で結婚しても、うまくいくはずがありません。結婚をするのは自分と相手。そういった意味では親は第三者です。先ほども書きましたが、誰かと一緒に暮らすのはHSPにとっては特に難しいことです。お互いのことを考えずに、誰かのために結婚するのは危険です。

そろそろいい歳だから

HSPが結婚しない方がいい理由、3つ目は「そろそろいい歳だから」です。

20代後半、30代になると、周りも結婚し始めて「自分たちも」となりやすいですよね。日本人の平均初婚年齢は30歳前後というデータがあるので、その年齢と見比べて「そろそろか」と思ってしまうこともあるでしょう。HSPは周りにどう見られるかを気にしがちなので、「年齢」を結婚を決断する要素として加味する人は多いかと思います。

すれ違いも多いけど、そろそろいい歳だし、結婚するべきかな…

一見すると、お互いのことを考えた、いい選択にも見えます。ですがこのパターンもやはり、その後の長い結婚生活を考えられていない点で失敗する可能性が高いと言えます。20代後半、30代だと、長くてもたかだか5年や10年付き合ったくらいのものです。いい歳だからそろそろ結婚…と考えてマッチングアプリや結婚相談所で知り合ってすぐに結婚をするカップルも最近は多いです。たったそれだけの期間しか一緒にいないのに、その後の50年60年を乗り切れるとなぜ思ってしまうのか…繰り返しますが、誰かと一緒に生活するというのは生半可な気持ちでできることではありません。

結婚して一緒に住めば、お互いの素の部分が見えます。子育てが始まって時間に余裕がなくなれば、さらに相手のマイナス面が見えてくるでしょう。それでも一緒にいたいと思える相手でないと、結婚は失敗に終わります。しっかり今後のことを考えて結婚を決断しないと危険です。

相手のことが心配だから

HSPが結婚しない方がいい理由、4つ目は「相手のことが心配だから」です。

相手の未完成な部分に惹かれてしまっているパターンですね。感情の浮き沈みが激しい人や、金遣いが荒い人など、ちょっと危なっかしい人といると、「この人は自分がいないと生きていけない」「この人は自分が支えていかないとダメだ」という、責任感が芽生えてしまうことがあります。

HSPは心優しい人が多いので、このパターンで結婚を考えてしまう人は結構いるのではないでしょうか。

ですが残念ながら、このパターンでの結婚もかなり危険です。

人間はそう簡単には変わらないです。いくら自分が頑張っても、相手は変わらず未完成なまま。自分だけが我慢し続ける生活は疲れますし、無力感に襲われることもあるでしょう。そんな生活が長く続くはずがありません。いつまでも抜け出せない泥沼にはまっていき、その苦しさから離婚という道を選ぶときが訪れます。

僕の知り合いにも、無気力で金遣いが荒い夫のために、自分が必死に働いて収入を得て生活を成立させている人がいました。残念ながら1年ほどで離婚しました。一緒に暮らして世話をし続けているうちに、気付くんです。何をやってもこの人は変わらないと。そしてこの先の長い人生をずっとこの人のために自分の全てを投下するんだと。

「相手を支える」という気持ちは大事ですが、それは相手が前を向いているからこそやれることです。例えば野球選手の奥さんが、夫が野球に集中できるように生活を支える、のような感じですね。「心配だから支える」という気持ちだと、失敗する可能性が高いです。

一人が寂しいから

HSPが結婚しない方がいい理由、5つ目は「一人が寂しいから」です。

一人でいるのが寂しいと感じたとき、誰かがそばいてくれたらなあと思うことはありますよね。

  • 体調を崩して寝込んでいるとき
  • 仕事で落ち込んで家に帰ったとき
  • クリスマスなどのイベントが近づいているとき
  • 休みの日に一日中家でスマホゲームをして過ごしたとき
  • 老後のことを考えたとき

などなど。HSPは一人でいるのが好きな特性がありますが、それでも誰かといたいと感じるときはあります。そういった寂しさを紛らわすために結婚という選択をしてしまったのだとしたら、それは失敗につながる可能性が高いでしょう。

誰かといないと寂しいから結婚しよう…

果たしてこんな理由で結婚してうまくいくのでしょうか。いくはずがないですよね。何度も言いますが、誰かと一緒に暮らすというのはそう簡単なことではありません。燃え上がるような愛も、時間と共に落ち着いていきます。そうなったときに、相手への安心感や、なんだか一緒にいると安らぐな、という気持ちがないと、一緒にいる幸せは感じられないでしょう。一緒にいて幸せを感じられなくなった相手とは、距離が離れていきます。近くにいるのに心の距離が離れてしまったら、一人でいるときより強い孤独感に襲われてしまうかもしれません。

こうなってしまうと、結婚の最大の目的だった、「寂しさの解消」ができないということになります。こんなはずじゃなかった…と感じ、寂しさを紛らわせてくれる他の場所へ、旅立っていくことでしょう。長くは続かないですね。

まとめ

というわけで今回は「HSPが結婚しない方がいい理由」というテーマで記事にまとめました。簡単にこの記事の内容を振り返っていきます。

  • HSPが結婚を後悔する理由
    一人の時間が減るのがつらい
    子育てがつらい
    人間関係が増えるのがつらい
  • HSPが結婚しない方がいい理由5選
    周りが結婚を勧めてくるから
    親を安心させたいから
    そろそろいい歳だから
    相手のことが心配だから
    一人が寂しいから

結婚に悩んでいるHSPの皆さん、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した5つの理由で、結婚を考えてはいなかったでしょうか。もしそうであれば、早まるべきではないと僕は思います。

今の時代は、結婚をしない方が幸せな場合もあります。スマホ1台あれば映画が観れて、本が読めて、音楽が聞けて、ゲームができて、誰かと繋がれる時代です。家に一人でいながらにしてなんでもできてしまうこの時代だからこそ、結婚でその時間の一部が奪われてしまうことに対する苦痛は、昔よりも大きくなっていると言えるでしょう。深く考えずに結婚に踏み切ってしまうと、痛い目に遭います。

ですがそれでも結婚したいと思える相手に出会えているのであれば、それは結婚すべきなのかもしれません。自分と相手が両方とも今のまま一人で生きていくよりも、一緒に生きていった方がどちらにとっても幸せだと感じられたなら、きっと素敵な結婚生活が送れることと思います。

HSPの皆さんが心地よく幸せな人生を送れることを、心から願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次